「加齢」だけでほうれい線ができるのは、かなり遅い!?

ほうれい線ができるのは、「加齢による老化がすべて」と思われがちですが、実はそうではありません。  

 

なぜなら、加齢だけが原因であれば、
「ほうれい線ができる年齢はほとんど全員横並び」にならないとおかしいですよね。

 

 

ですが実際のところは、20代なのにほうれい線ができ始める人も居れば、
40歳を迎えてもほうれい線が見あたらない、という人も居ます。

 

 

もちろん、40歳になってもほうれい線が見えない人にだって、
「加齢による細胞の老化」というのは確実にあります。

 

ですがそれでもほうれい線が見えないのは、
「加齢以外の、ほうれい線の発生原因に対してきちんとケアができているから」なんです。

 

加齢による老化というのは意外とスピードが遅く、人の細胞は理論上、
120歳程度までならじゅうぶん生きられるという研究結果も出てきています。

 

 

つまり、細胞レベルの理論上で考えると「60歳が寿命の折り返し地点」となるわけですね。
実際の人間の寿命がそれより短いのは、加齢以外にも他の原因が加わって、細胞の老化のスピードを早めていくからです。

 

肌の状態もそれと同じこと。加齢以外も「肌を老けさせる要素」をたくさん持ってしまうほど、
肌老化が進み、年齢が若くてもほうれい線が出てしまう、というような事態を招いてしまうのです。

 

加齢以外の「肌を老けさせる要素」はこれだ!

では、加齢以外の「肌を老けさせる要素」とは何かというと・・・ズバリ、「乾燥」と「活性酸素」です。

 

肌が乾燥すれば肌表面に細かい「ヨレ」が出て、この状態が続くとやがて「ヨレ」の部分がクセづいてしまい、
本格的なシワに移行してしまいやすいのです。

 

次に、紫外線やストレスなどでできてしまう活性酸素は、細胞をさびつかせてしまうというやっかいな存在です。

 

細胞のさびつきによって、老化のスピードが早まってしまい、最終的には肌細胞を作る真皮層そのものが変性して、
「ここに弾力やハリのある肌を作ることができない」という状態になり、シワができてそこから元に戻れなくなってしまうわけですね。

 

ですからほうれい線のケアは、自分の努力では絶対に食い止められない「加齢」の部分は置いておき、
残りの要素である「乾燥」と「活性酸素」の対策が特に重要となってくるというわけです。

 

ほうれい線ができてしまう原因とは?エントリー一覧

夜更かし大敵!くっきりほうれい線は睡眠不足のせいかも?

人の肌細胞というのは、毎日少しずつ生まれ変わり、つまりターンオーバーをしているのですが、このターンオーバーがもっとも活発になるのが、夜10時ごろから深夜2時〜3時ごろまでの時間帯です。しかし、この時間に人が起きて活動していると、「他の部分に活動エネルギーを使うため、ターンオーバーの作業に集中できない...

続きを読む

諦めないで!消える見込みのあるほうれい線とは?

あなたのほうれい線が「これから努力すれば消せる見込みがあるかどうか」を判断するのはとても簡単です。まずは、湯船入浴をして下さい。いつものように顔や頭・体を洗って、湯船にはいつもより少し長めに浸かるようにしましょう。そして・・・湯上がり前にもう一度軽く顔をすすいだあとに、浴室の鏡で、ほうれい線の部分を...

続きを読む